AGAにより生え変わりがスムーズに行われなくなる仕組み

男性の薄毛は、額がアルファベットのMのような形になったり、頭頂部が円を描くように進行します。これらは、AGAの典型的な状態で、頭髪の成長サイクルが狂わされてしまった事による現象です。具体的には、男性ホルモンのテストステロンが、これらの部分の毛根に生息している5α還元酵素により変換された事により作られたDHTという物質が原因です。

DHTは、テストステロンをサポートするために生産されるのですが、毛乳頭のレセプターの感受性が強い場合は結合してしまいます。毛乳頭は毛母細胞の分裂に関わっている部分であり、頭髪の成長に大きな影響を及ぼします。通常は数年継続する成長期が極端に短くなるので、短い抜け毛が増加する事になります。

さらに、毛母細胞が活動を停止する休止期も長期化してしまうので、生え変わりもスムーズに行われなくなります。抜け毛が増えるだけではなく再生も上手くいかなくなるので、薄毛は拡大する様になります。原因物質が生産されている限り状況は改善されないので、進行が止まる事はありません。5年以上継続した場合は、毛包は頭髪を生産する能力自体を喪失します。つまり、無毛化するという事になります。

AGA治療薬のプロペシアは、テストステロンを変換する5α還元酵素を阻害するという作用を持ちます。これにより、原因物質の生産が抑制される事になり、頭髪の成長サイクルが正常な状態に変化します。短い段階で抜けてしまう事がなくなる上に、生え変わりも問題なく行えるようになります。頭髪の環境を整える事により、薄毛が改善されるという仕組みです。

ただし、プロペシアは毛包自体を改善する作用は無いので、無毛化するまで進行した場合は回復させる事は出来ません。つまり、発症してから5年以上が経過した場合は、効果を発揮するのは困難という事になります。薄毛を改善したい場合は、初期の段階で使用する事が必要となります。つまり、短い抜け毛が目立ってきた段階で、行動を起こす事が求められるという事です。

プロペシアは、薄毛治療を行っている医療機関で処方されています。1カ月で1万円程度が大体の相場ですが、クリニックごとに料金は異なっています。これは、頭髪は生命に直接関係している部位ではないので、薄毛治療は自由診療に分類されているからです。健康保険が適用されないので費用は全て実費となりますが、クリニック側が治療内容や料金を自由に設定する事が認められています。

ヘアサイクルの仕組みを知ってAGAの自己チェックをしてみましょう

抜け毛や薄毛で悩んでいる男性が増えています。なかなか新しい髪の毛が生えてこないと気になっている人も多いことでしょう。
髪の毛が一定の周期で生え変わることをヘアサイクルと言います。その仕組みはどうなっているのでしょうか。

ヘアサイクルには、3つの段階があります。
まずは成長期です。毛母細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し、髪の毛がどんどん伸びる時期で、期間は2~6年です。次は退行期で、毛母細胞の分裂が少なくなると同時に色素細胞の活動も弱くなって、髪の成長が一気に鈍ります。期間は2週間です。最後が髪の毛の最終段階である休止期です。細胞分裂が完全に止まるので、髪の毛が伸びなくなります。この期間に新しい髪の毛を生やす準備が行われており、休止期が終わって髪の毛が抜けるとともに新しい髪の毛が伸びて再び成長期になるのです。

ところがAGAの人の場合は、通常2~6年の成長期が数か月から長くても1年程度とかなり短くなっています。十分に髪の毛が成長しないうちに、退行期・休止期になってしまうのです。

髪の毛全体の約1割が休止期なので、毎日50~100本くらい抜け毛があってもおかしくはありません。けれど、十分に成長していない細くて短い毛が多いようなら、成長途中の段階で抜けてしまっているのかもしれません。AGAの可能性もありますので、抜け毛をよくチェックしてみましょう。

AGAとヘアサイクルの乱れの関連性

多くの男性が抱える悩みとして、頭髪に関することを気にしている人は少なくありません。
こうした男性特有の薄毛や脱毛といった症状は、男性型脱毛症といい、AGAとも呼ばれています。

このAGAを引き起こす原因として、頭髪を発毛させるヘアサイクルが深い関連性を持っているとされています。
頭髪が成長するためには男性ホルモンの作用が欠かせませんが、この男性ホルモンに5アルファリダクターゼと呼ばれる酵素の一種が結合すると、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変容してしまいます。
このジヒドロテストステロンが発毛を促す毛包や毛根細胞に作用すると、髪を正常に発毛させるためのヘアサイクルに乱れが生じてしまいます。

本来であれば発毛を促す期間が短くなってしまい、十分に発毛を行わないまま休止期に入ってしまうため、結果として毛髪がどんどん細くなり、その数も減少してしまいます。
そのため、治療にはこの5αリダクターゼの作用を抑制すると共に、毛包や毛根細胞に十分な栄養素を供給することが重要となります。

AGAのときの育毛

AGAのときの育毛においても、生活習慣は大切です。病院での治療だけ受けていれば良いというものではありませんし、AGAだから生活習慣は関係ないとばかりに悪い習慣を放置しておくのも避けたほうが賢明です。

育毛には生活習慣の改善が欠かせません。規則正しく生活することや栄養バランスのよい食事をとること、適度な運動、睡眠をしっかり取ること、ストレスを溜めないことなど、様々なことが関係してきます。髪の毛のことだからと洗髪のことだけを気にしたり、育毛剤を使うだけでは、思うような効果を得ることは出来ません。生活習慣を改善することは基本です。

そのうえで、睡眠前に洗髪をするなど髪の毛のためによいタイミングでケアをしていくことが大切です。健康な体のほうが、髪の毛は生えてきます。健康を保てる生活習慣に改善し、それを継続するようにしましょう。そこに加えてAGAの治療を受けるなどすれば、効果の高い治療にしていくことができます。

抜け毛が多くなったらAGAを疑いましょう

男性だけでなく女性であっても、髪の毛が薄くなるということがあり、ヘアスタイルを気にしている人であれば、頭皮や頭髪のケアも怠ることはできないでしょう。もちろん、年をとって、体のあちらやこちらに老化現象が現れてきたのであれば、抜け毛も増えて髪の毛が薄くなることもありますが、そこまで年をとっていない場合に抜け毛が多くなったらAGAを疑ってみましょう。

AGAというものは男性の特有の症状であり、男性型脱毛症とも呼ばれているものです。このAGAは、二つのタイプに大きく分けられており、頭の頭頂部から髪の毛が薄くなっていくものと、おでこの生え際がだんだんと後退していくタイプのものがあります。これは、それぞれタイプによって原因が違うために、その症状に合った適切な対処をする必要があります。どちらも早めの治療が解決につながりますので、もし抜け毛が木になり始めたのであれば、お近くの専門のクリニックにいる医師に相談をしてみましょう。

AGAの原因はヘアサイクルの乱れ

AGA、男性型脱毛症とは、脱毛ホルモンとも言われるDHTの過剰分泌が原因と言われています。このDHTは本来、骨や筋肉、性機能などに関わる大事な役割を果たしていますが、増えすぎるとヘアサイクルを乱すことも知られています。
毛には毛周期というヘアサイクルがあります。このヘアサイクルは3つに分けられます。毛母細胞の細胞分裂が活発に行われる成長期、分裂がおさまり毛が抜け落ちるまでの退行期、毛が抜け落ちる休止期の3つに分けられます。
成長期の期間は2から6年、毛母細胞の分裂が活発に行われます。頭髪の9割が成長期です。退行期の期間は2週間程度、毛母細胞の分裂が急激に減り、一気に髪の成長が鈍ります。休止期の期間は3から4ヶ月、完全に毛母細胞の分裂が止まります。ここから成長期に戻るとき古い毛が抜け落ちます。
DHTはこの成長期を短くするのです。通常なら2から6年続くはずの成長期が、AGAになると数ヶ月から1年になってしまい、髪の毛が充分に成長しきる前に抜けてしまいます。これがAGAで髪が抜ける理由なのです。

AGAにはヘアサイクルが関係しています

AGAは男性ホルモンのバランスの影響を受けて抜け毛が増えて薄毛が進行するものですが、これには髪の成長の仕組み、つまりヘアサイクルが関係しています。
髪の毛には一本毎に寿命があって、生えては伸び、やがて抜けていく仕組みです。
これには、毛球が成長して髪が生えて成長する成長期、毛球が退縮して髪の成長が止まる退行期、毛球の活動が休止して髪が抜ける休止期があります。これがヘアサイクルで毛周期とも呼ばれ、これを繰り返す仕組みになっています。
正常時の髪は成長期が一番長く2〜6年で、その後約2週間かけて退行していき、そして3〜4ヶ月活動を休止した後また成長期に入ります。
ところがAGAの場合は、退行期と休止期は変わりませんが、成長期が極端に短くなるために髪が十分に成長できないまま抜けてしまうという特徴があります。そして数が少しずつ減っていき、長さも太さも不十分のままで薄毛の状態が進行します。

 
ところで、ヘアサイクルには生活習慣とストレスも大きく関わっています。食生活の乱れや夜更かし、ストレスの髪への影響は無視できません。ストレスがたまると皮脂の分泌が過剰になり、血行が悪く頭皮が固くなって発毛を抑制したり、抜け毛を助長する原因にもなります。さらに、内臓にも悪影響を与え、体の機能を低下させホルモンバランスも崩してしまいます。つまり、AGAの予防と正常なヘアサイクルの回復には生活習慣の改善が大切です。

毛周期(ヘアサイクル)が乱れると薄毛へ

毛髪には毛周期(ヘアサイクル)があります。毛髪が伸びる成長期、毛髪が抜ける準備をする退行期、毛髪が抜け落ちるまでの休止期を繰り返しながら、古い毛髪は抜けて新しい毛髪に生まれ変わっています。遺伝的な要因で男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが増えすぎると、毛周期(ヘアサイクル)の中の成長期が短くなってしまい、男性型脱毛症を発症してしまいます。
フィナステリドにはジヒドロテストステロンを抑え、毛周期(ヘアサイクル)の成長期を元に戻そうとする効果があり、フィナステリドを錠剤にした医薬品で世界的に有名なものがプロペシアです。
男性型脱毛症の治療に効果があると医学的にも認められております。

 

もう治らないとあきらめずに病院やクリニックでプロペシアによる治療を受けてみてください。

 

個人差がありますが3か月から6か月ほどすると効果が出てくるので、すべての方に改善できるわけじゃありませんが、多くの患者さんに服用されて改善されています。