髪の毛には成長期・退行期・休止期のサイクルがあり、そのサイクルが正しく行われていれば薄毛になるリスクはかなり下がりますが、AGAの人はこのヘアサイクルが乱れていて何らかの理由で抜け落ちるべきでないタイミングで抜け落ちてしまっていますので、生えてくる量と抜け毛の量のバランスが悪くなってしまいます。成長期の段階の髪の毛が抜けると全体的な髪の毛の量は減ってしまい、見た目の印象も大きく変わってしまいますので、健康な髪の毛を取り戻すためには早期の段階でヘアサイクルを元に戻すための努力をしなければなりません。
このタイプは遺伝的な要因が強いと言われていますので、薄くなり始めても遺伝だから仕方がないと諦めてしまう人も多いようですが、ヘアサイクルを正しく理解して問題となっている部分を見つけ出すことができれば進行を食い止めることができますので、まずは原因をしっかりと把握することから始めなければなりません。遺伝的要素を持っていたとしても、本当に原因になっているのは後天的な要因、例えば生活習慣であったり過度なストレスであることが多いので、その原因を見つけて対処しながら適切な治療を受けさえすれば改善される可能性もあります。

AGAの場合は男性ホルモンの働きが深く関わっているのですが、脱毛が見られる部分ではジヒドロテストステロンが通常よりも大量に生成されていて、このジヒドロテストステロンは5α-還元酵素によってテストステロンから作られています。毛母細胞には元々男性ホルモン受容体が存在しており、ジヒドロテストステロンと結合してしまうとヘアサイクルに異変が生じますので、髪の毛を健やかに成長させるためにはこのジヒドロテストステロンが敵となることが明白です。
ヘアサイクルの各段階のうち、成長期では髪の毛をどんどん太くてしっかりとした質に変えていく時期に当たるのですが、ジヒドロテストステロンによる影響を受けてしまうと、まだ成長段階の間であるにもかかわらず抜け落ちてしまいますので、通常なら伸びていく段階の髪の毛が減ってしまって薄毛につながってしまいます。
ジヒドロテストステロンが大量に生成されてしまう理由ですが、現代社会はストレス社会と言われており、仕事や家庭のことで日々悩んでいると自律神経やホルモンのバランスが乱れて過剰な血管の収縮を招き、毛母細胞への栄養配給がスムーズに行われなくなるためにAGAのリスクが高まると言われており、不規則な食生活や過度な飲酒、喫煙、睡眠不足、運動不足などの生活習慣も毛根の栄養不足や血行不良を引き起こしますのでAGAの発症に深く関わっていると言われています。

AGAを発症してしまった場合、多くの人はどのようなケアを行ったら良いのか変わらずに途方に暮れてしまい、何もしないまま時間だけが過ぎて症状を悪化させてしまうのですが、ケアを始めるのが早ければ早いほど大きな成果を上げることができますので、まずは日々の生活の中でどのような点が髪の毛の成長を阻害しているのかをきちんと把握し、その上で適切な対処を選択することが重要になります。
最近ではAGAの治療に特化したクリニックがたくさんできていて個々の症状に合わせた治療を受けることができますので、薄毛が気になり始めても一人で抱え込まずに専門家に相談することができますし、医学的なアプローチを利用して原因を追及してもらうことで本当に必要なケアが迅速に行え、その結果を踏まえながら原因を丁寧に一つずつ潰してくことでヘアサイクルを正常な状態に戻すことができ、健やかで丈夫な髪の毛を育てていくことができるようになり、全体的な毛量も増えていきます。

Tags: