男性だけでなく女性であっても、髪の毛が薄くなるということがあり、ヘアスタイルを気にしている人であれば、頭皮や頭髪のケアも怠ることはできないでしょう。もちろん、年をとって、体のあちらやこちらに老化現象が現れてきたのであれば、抜け毛も増えて髪の毛が薄くなることもありますが、そこまで年をとっていない場合に抜け毛が多くなったらAGAいわゆる男性型脱毛症を疑ってみましょう。

 

 

日本の薄毛に悩む8割以上の人達はこのAGAといわれるホルモンによる影響を受けて、髪がどんどん薄くなっていく症状に悩まされています。そしてAGAは体内の男性ホルモン(DHT)によるものなので、シャンプーや育毛剤などといった、医学的根拠の無い商品では薄毛を改善することは出来ません。なのでまずは、薬の個人輸入などもありますが、最初はAGAの病院に通院することをおススメします。AGA病院を選ぶ際には、このよなAGA治療クリニックの比較サイトを利用して、様々な病院の治療法や費用を比較・検討して、自分に合った病院選びをしましょう。

 

AGAというものは男性の特有の症状であり、男性型脱毛症とも呼ばれているものです。このAGAは、二つのタイプに大きく分けられており、頭の頭頂部から髪の毛が薄くなっていくものと、おでこの生え際がだんだんと後退していくタイプのものがあります。これは、それぞれタイプによって原因が違うために、その症状に合った適切な対処をする必要があります。どちらも早めの治療が解決につながりますので、もし抜け毛が木になり始めたのであれば、お近くの専門のクリニックにいる医師に相談をしてみましょう。

Tags: